竹あかりと初詣コンサートを開催しました!

456

2017年の大晦日、埼玉県ときがわ町にある桃木八幡神社で毎年恒例の「竹あかりと初詣コンサート」が開催されました。このイベントで竹あかりの飾り付けを担当した私、造形家・加藤渉が現地レポートをお届けします!

桃木八幡神社を真上から照らす月明かり

2018年の元日は満月でした。また地球に最も接近するスーパームーンと、ひと月の間に2回満月があるブルームーンが重なりました。前日まで心配されていた天気は雲一つない快晴になり、月明かりに桃木八幡神社が明るく照らされていました。深夜2時ごろには社殿を正面から見てちょうど真上に満月が移り、とても幻想的でした。次に(ほぼ)満月と元日が重なるのは2021年(月齢 17.4)、その次は2029年(月齢 16)のようですので、とても貴重な景色ですね。

深夜2時、竹あかりに彩られた桃木八幡神社の真上にスーパームーンが移りました。

竹あかりの展示と初詣コンサート

桃木八幡神社の社殿は造形家・加藤渉の竹あかりにライトアップされ、そこを舞台にサックスアンサンブル・TSL(トビー・サウンド・ラボ)、歌い手・中田真由美の二組がライブパフォーマンスを披露していただきました。

氏子も初めて八幡神社に来た方も、入る限り社殿に上がって新年の祈願をしました。

中田さんは都内でのライブを終えてから、電車を使ってときがわ町に駆けつけてくださったそうです。毎年大晦日の深夜に開催される同イベント。毎年深夜にも関わらずときがわ町内外のお客様がいらっしゃいますが、今年はなんと福島県からも中田真由美さんのファンが駆けつけたそうです。感謝の言葉しかありません!

中田真由美さんのライブパフォーマンスを配信!

中田真由美さんに当日撮影した動画の配信許可をいただきましたので、ご覧ください。

とても優しい声と歌詞で、なんとも癒やされますね。現在AmazonでもCDが買えるそうですので、気になった方はぜひCDを買って聴いてみてください。

真冬の深夜イベントの寒さ対策

今回で三回目の「初詣コンサート」ですが、女性シンガーがいらっしゃることもあり、初めて社殿の寒さ対策にストーブを2台設置しました。毎年サックスを演奏くださるTSLのお二人も、今年は背中は暖かかったようです。次は指も温める方策を考えてみたいと思います。

観客の方々には境内の間伐材で焚き火をして温まっていただきました。

観客の方々には境内には焚き火にあたってもらいながらご覧いただきました。

花桃と桃木八幡神社

普段は静かなときがわ町の桃木八幡神社ですが、4月には花桃祭りというイベントも開催されます。こちらはハナモモの咲く時期に合わせて行われ、音楽などの出し物があります。

桃木八幡神社のイベント情報はこちらを御覧ください。

桃木という地名は、そもそも桃木八幡神社はときがわ町にある慈光寺の東の守りとして建てられ、桃の種には厄除けの意味があるためにモモノキが植えられて、それが元になったのではないか、という説があるそうです。確たる証拠はないそうですが、なんだか納得してしまう説ですね。

ハナモモはときがわ町では毎年4月初旬頃に満開になります。桃木地区には現在たくさんの桃木が植えられていて、咲き揃うとても見事です。年によっては桜や梅と同時に咲くこともあります。4月頃ときがわ町にお越しの際には、ぜひときがわ町桃木地区にも立ち寄ってみてくださいね。